愛犬とドライブ旅行!準備と必需品!これだけあれば大丈夫!

犬とお出かけ

我が家の愛犬、ノーフォークテリア2匹とのドライブ旅行は、我が家の一大イベント且つ最大の楽しみです!月に1度は1泊か2泊でお出かけしています。

今回は犬連れのドライブ旅行時の準備と必需品をご紹介します。

スポンサーリンク

犬連れドライブ旅行の目的地選びとルール

ウチのワン達は車酔いが酷く、以前は30分のドライブでもドライブ中にゲロゲロ吐いてしまっていました。

ただ、最近では、ご飯の時間と目的地選びでかなりマシになり、3時間ぐらいのドライブも何とかOKになりました。たまに、降りた後に少し気持ち悪がることはありますが。

まず、愛犬連れドライブの旅行の目的地ですが、あまりブレーキを踏まなくて済む高速道路を長く使えて、信号や車通りの多い一般道を長く走らなければいけない旅程は組まないようにします。

我が家では一般道は続けてのドライブは1時間までと決めています。どうしても長くなってしまう場合は途中で十分休みを取るようにします。また、渋滞の時間は予め調べて極力避ける。曲がりくねった道のドライブはゆっくり走る。いつも車間を空けて走り、急ブレーキは極力踏まない。ドライブ中は時おり窓を開けて換気。これだけでも犬たちに与える負担はかなり違うと思います。

事前に犬用の酔い止めを飲ませるという方もいらっしゃいますが、私は何となく体への影響が気になるのと、目的地に着いてからすぐ遊ばせてあげたいので、まだ使ったことがありません。

その辺りは飼い主の考え方とワンちゃんの個体差もあると思うので、かかりつけの獣医師さんに相談するのが良いと思います。

ドライブ前は愛犬のご飯はオアズケ!

あと、準備で一番大切だと思うのはごはんのタイミングです。我が家では、ドライブ旅行出発前の朝はご飯をあげず、目的地に着いてから食べさせます。うちの子たちはその方が楽なようです。

なので、いつもドライブ旅行の出発は早めにして、昼までには到着するようにしています。せっかくの楽しい旅行ですから、長いお預けは可哀想です。

ドライブ中愛犬は後部座席

ワン達が座る場所ですが、うちはいつも後部座席に仲良く2匹並んで座っています。その際、後部座席全体を覆うようにワンちゃん専用のシートカバーを敷いてから、首輪とリードをつけて、リードフックをリアシートの上部の金具に固定します。

助手席の人の膝の上や、後ろの荷台にキャリーに入れて載せる方も多いようで、ドライブ中は体が比較的固定されるキャリーに入れてあげた方が安全だし犬達も楽だという飼い主の方が多いようです。これも飼い主さんの考え方だと思います。

犬連れドライブ旅行の必需品

我が家の愛犬連れドライブ旅行での必需品をご紹介します。

犬連れドライブ旅行の必需品1. 狂犬病予防注射済証(1年以内)、予防接種証明書と犬鑑札

宿に泊まる時に必要な狂犬病予防注射済証(1年以内)、予防接種証明書と犬鑑札。

予防接種証明書と犬鑑札

多くの宿やドッグランでは狂犬病予防接種、各種予防接種を利用条件として規定しているので、提示を求められることもありますので、旅行時は必ず携帯して行きましょう。

犬連れドライブ旅行の必需品2. いつものドッグフード

旅先での食事も、ワン達がいつも食べ慣れたフードを1食分ずつ小分けにして必要回数プラス予備分を持参しています。ガム、トリーツもいつもの物を持って行きます。

犬連れドライブ旅行の必需品3. ドッグキャリー

宿によりレストランは犬連れ不可の所もあるので、事前に確認して、食事の際部屋でお留守番させる場合は、ケージ、サークルの有無の確認と念のためにいつも使っているキャリーを持参します。

犬連れドライブ旅行の必需品4. その他犬用アメニティーグッズ

その他、エチケット袋、おしっこシート、抜け毛取りローラー、ペット用消臭剤、足拭きタオルなどはペット用備品として用意してくれている宿が多いですか、念のため愛犬との旅行時には持参します。

犬連れドライブ旅行の必需品5. ロングリード

旅行時はドッグランなど外で遊ぶことが多いので、お気に入りのおもちゃ(うちはテニスボール)と犬用の虫除けはお散歩バッグに入れて、お忘れなく。ロングリードもあれば、ワンちゃん可の芝生公園などでより楽しめるかもしれません。

ただし、公園でロングリードを使用の際は、利用規定を良く確認してから、使える場合も周りに迷惑がかからないように注意しましょう。

愛犬同伴可のレストランで

愛犬同伴可のレストランでは、基本的にワン達はテーブルの下でゆっくりくつろぐスタイルですが、リードフックがあるところと無いところがあるので、持ち手側にフックが付いたリードが便利です。付いてない場合は、写真のようなフックを準備しておけば、テーブルや椅子へのリードの固定が楽です。また、犬用の食器もない場合があるので使い慣れた水飲みを持参しましょう。

愛犬宿のベッドや布団

愛犬宿でもお部屋のベッドや布団の上はワンちゃん不可の場合が多いです。専用のシーツカバーを貸してくれて、その上だけOKの場合もたまにあります。

ただ、いつもベッドで一緒に寝ている愛犬は注意していても、ついついベッドに上がりがちで、汚れた足で布団を汚したり、そそうをしてしまったりということもあるかもしれません。そんな時のために布団に掛ける防水生地の薄手のシーツを1枚持参し、予め布団の上にかけておくことをおすすめします。

愛犬とドライブ旅行!準備と必需品 まとめ

犬連れドライブ旅行時の準備と我が家の必需品をご紹介しましたが、ご参考になれば幸いです。

車の乗せ方などは飼い主の考え方によっても違いますし、ワンちゃんの数、大きさによっても準備する物が違ったりしますので、この記事を参考にしていただきつつも、是非それぞれのご家族、ワンちゃんに合った準備を心掛けて、愛犬連れドライブ旅行を楽しんでください。

スポンサーリンク