ミックス犬「チワックス」の性格、病気、特徴、お手入れの方法は?

犬種

以前は「雑種」と呼ばれていた犬が、今ではかわいいミックス犬として人気です。欧米ではデザイナーズ・ドッグなどと呼ばれ、希少性の高い犬としてブランド化している犬種もあるとか。

現在のミックス犬は、純血犬種の特徴や容姿のかわいらしさを組み合わせ、“いいとこどり”を狙ったワンちゃんが多く出回っているようです。

今回はそんな話題のミックス犬の中でも、大変人気の高い「チワックス」についてご紹介します。

スポンサーリンク

チワックスの特徴

チワックスは、その名の通り世界最小の愛玩犬チワワと、人気犬種ランキング上位の常連、ミニチュアダックスフントのハーフ。

どちらの親犬種も愛らしさではピカ一です。その両方の素質を受け継いでいるのですから、かわいくない訳がありません。

サイズ感は、体高は21cm前後、体重は3kg前後が一般的です。4kgを超えると少々肥満傾向といえます。

Mダックスのような四肢と長めのボディに、チワワ特有の丸くて大きな潤んだ丸い瞳、アップル・ヘッドといわれるドーム状の丸い頭の形状に特徴があり、まるで小さな手縫いのヌイグルミのような表情が人気です。

その愛らしさと飼いやすさから、ミックス犬の中でも人気が高く、ペットショップなどでも多く取り扱いがあるようです。

毛色は、レッド、クリーム、ブラック&タン、ブラウン&タンなどが一般的です、希少なものとしては、Mダックス同様の、ダップルなどの斑模様もあるようです。

親犬種どちらも小型犬のため、もちろんチワックスも室内飼いとしてとても飼いやすいワンちゃんです。また、親犬種同様、多頭飼いにも向いています。

ただし、比較的吠えやすい素質を持ち合わせているため、マンションや密集した住宅街などの環境では、早いうちから無駄吠えをさせないようなしつけが必要でしょう。

チワックスの性格

チワックスは、親犬種であるチワワの愛情深く、飼い主に忠実な性格と、Mダックスのフレンドリーで落ち着きのある性格から、茶目っ気があり、甘え上手で誰からも愛される家族の一員になるでしょう。

その一方で、親犬種であるチワワとMダックスいずれにも共通する気の強い素質が前面に表れると、警戒心や縄張り意識の高さから、甲高い声で吠えたり、噛み癖が出る場合もあります。

家族に対してはとても友好的な態度を示すものの、他のワンちゃんに対してはあまり社交的ではない、という点もチワックスの傾向かもしれません。

Mダックスは毛色によって性格の特徴もバラエティに富むと言われています。気の強いタイプもいれば、シャイで人見知りの性格もあり、個性豊かです。

小さく、あまりにかわいらしいため、ついつい甘やかしてしまいがちですが、その子の個性をしっかりと見極めて、子犬のうちから基本的なしつけをきちんと行い、良い部分をしっかり引き出してあげましょう。

親犬種ゆずりの賢さと人への忠誠心の高さから、ほめられること、人と一緒に何かすることが大好きです。しつけも大変しやすく、色々なことをすぐに覚えてくれるでしょう。

チワックスのお手入れ

チワックスは、基本的にダブルコートの被毛を持っています。耳や胸の飾り毛や脇や尻尾などに毛玉が出来やすいため、定期的なブラッシングは欠かせません。

また小柄な体格から、草や葉っぱ、土ほこりなどをくっつけやすく、お散歩から帰ってきた後なども気を付けてケアをしてあげましょう。

個体差はありますが、比較的皮脂汚れが溜まりやすい場合がありますので、シャンプーなども配慮して、清潔に保つよう心掛けましょう。

トリミングサロンでのカットをする必要はありませんが、お尻周りや耳や爪などは定期的なお手入れが必要です。

特に、チワックスは親犬種どちらの要素が濃く現れたとしても、垂れ耳になる傾向にあります。通気性が悪いと、蒸れたり、汚れが溜まりやすくなるため、気を付けてあげましょう。

気を付けたいチワックスの病気

チワックスがかかりやすい病気としては、膝蓋骨脱臼や腰椎、椎間板ヘルニアなど関節に関わるものがあげられます。

親犬種であるMダックスの体型の特徴を受け継いでいるため、他の犬種に比べて腰回りの負担がかかりやすいといえます。

足元を滑らないようにする、ぴょんぴょんジャンプをさせない、肥満にさせない、など、飼い主さんの意識で防げることもありますので、予防対策をきちんとしてあげましょう。

その他、親犬種のチワワの要素が強い場合は、目や頭部の疾患なども気を付けておきたい部分です。

甘ったれの末っ子ちゃんにメロメロ

家族の中で最強の、甘えん坊でやんちゃな妹分、弟分の地位をしっかりと確立できちゃうチワックス。

きっとその小さな体いっぱいの愛情を私たちに与えてくれるはず。

くりんとした愛嬌ある眼差しで見上げられてたら、どんなに疲れていても、どんなにイライラしていても、「そんなことはどうだっていいや!」と思ってしまうくらい、メロメロになりそうです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク