愛犬と宮古ブルーを求めて!南の島滞在記/沖縄県宮古島

犬とお出かけ

愛犬と海へは良く出かけていましたが、遠い南の島へ出かけるのは今回が初めて。しかも2ヶ月近く長期滞在して来ました。

沖縄県の梅雨明け間近である5月末から7月中旬のシーズンを迎える前は、混雑を避けノンビリする事が出来ます。
宮古島は沖縄県の離島ですが、更に離島の離島である『来間島』『伊良部島』『池間島』へも橋を渡って行けるので、思う存分宮古ブルーを満喫する事が出来ました。

この記事に登場する愛犬

 マメぞう(ロングコートチワワ。男の子)

スポンサーリンク

羽田空港から出発します

ゴールデンウィークも終わり世間のザワつきも落ち着いた頃、愛犬を連れて前々から行きたかった宮古島へと旅に出ました。

マメぞうは、飛行機には実家帰省の時に何度も乗っているので慣れてはいるものの、3時間あまりのフライトは初めてなので少し不安ではありました。チェックインぎりぎりまで犬バッグの中に入り水分補給をします。

ペットは客室には一緒に入れませんので、ハードタイプのしっかりしたケージを持参するか、なければサイズに合った専用のケージを用意してくれますので(自分達はJALでしたが航空会社によって違うかも知れません)、その中に入れて機内の別室に連れて行かれます。おそらく貨物室のような場所だと思いますが、空調は客室と同じだから大丈夫との説明がありました。

ちなみに、飛行機に乗せられない犬種があるので事前に確認した方が良いです。こちらも航空会社にもよりますが、パグ、ブルドッグ、フレンチブルドッグ、ボストンテリア、シーズーなどが体質や体の構造上の問題から乗せられないようです。

到着初日真っ先に宮古島の海へ

お昼くらいに宮古空港に到着したところ、今回お世話になる宿のスタッフが車で迎えに来てくれました。宮古島では、ほとんどの宿やレンタカー会社は空港まで無料送迎をしてくれます。

荷物を置いて、宿泊客は無料のレンタル自転車でマメぞうと一緒に『パイナガマビーチ』まで繰り出しました。この日は、あいにくの曇り空で海もどんよりで残念な感じでしたが、海上でビーチアクティビティを楽しむ様子をボンヤリ眺めていました。

沖縄の海を見るチワワ犬の後ろ姿

道を歩いていてビックリしたのが、この『アフリカマイマイ』に遭遇した事。梅雨時になると、そこら中からワラワラと沢山出て来て所構わず這い回っているのです。大きいモノですと、手のひらサイズとなり泣きそうになります。地元の人は慣れているみたいですが初めて見た観光客は、そこらで悲鳴を上げているようです。

この『アフリカマイマイ』ですが昔、沖縄地方で食用として輸入された物がだんだん食べられなくなり、繁殖力が強い為一気に増えたそうです。駆除はしているそうですが、なかなか減らないみたいですね。 注意したいのが寄生虫を持っていて、これが口に入ると死に至る原因ともなるので絶対に触らない事と、愛犬の散歩後は必ず足を洗ってあげる事です。

宮古島のアフリカマイマイ

宮古島の梅雨らしくない梅雨

梅雨明けはだいたい6月初旬から中旬くらいですが、梅雨と言っても一日中どんよりジメジメしている訳ではなく、ザッとスコールが来たかと思ったら突然晴れて暑くなったりと亜熱帯地方と同じような気候で、晴れると美しいエメラルドグリーンの海が広がります。

こちらは、『伊良部島』へ渡る全長3キロ540メートルの通行料金がかからない、橋では日本最長の伊良部大橋からの眺めです。

伊良部大橋から見た沖縄の海

気温は連日30度超えで、日中道を歩いている人はほとんど見かけません。この猛暑の中、長時間マメぞうを連れ歩くのは危険でしたので、観光が長引きそうな時は冷房の効いた部屋で留守番してもらっていました。

自宅で留守番の時はサークルの中に入れているので宿泊先にも、全面がメッシュ加工になった虫除けにもなる折りたたみ式の簡易サークルを持参しました。 リビングでは自由に動き回り、他のお客さんにも人気者です。

チワワ犬

お散歩は陽射しの弱い朝と夕方

宮古島は、山や川がなく平坦な地形をしていて、高い建物や日陰になりそうな場所はほとんど見当たりません。飲食店やお土産物売り場のある繁華街はほんの一部の集落で、ちょっと車で走ると一面サトウキビ畑やヒマワリ畑が広がります。 ワンコを歩かせてお散歩するなら、朝早くと夕暮れ時に行かないと危険レベルです。

宮古島のひまわり畑

お散歩中によく遭遇するフワフワの白猫ちゃんです。猫ちゃんはマメぞうに興味津々でガン見していますが、マメぞうは仔犬の頃先住猫に引っかかれた痛い経験があり、それ以来猫が苦手で遭遇すると目を外らします。

長毛の白い猫と遭遇したチワワ犬

島バナナやパパイヤがたわわに実った木が、そこら辺に普通にあります。マメぞうはバナナ大好きだけど、これはまだ青いから食べられないね。
島バナナは輸入のバナナと比べて、ねっとりと甘味が強くとても美味しいですが、お値段もそれなりに高めです。本土では滅多に口にする事は出来ないので、食べてみる価値はアリです。

この後、スーパーで島バナナを買って一緒に美味しく頂きました。

宮古島の島バナナ

島には沢山の猫がいて、夕方から夜にかけてあちこちで集会が始まります。人懐っこいコが多く人には触らせてくれますが、チワワは見た事がないのか姿勢を低くしてジッと見つめています。
金網越しで安心なのか、マメぞうも目を外らす事なく猫ちゃんを見ています。

金網越しに向かい合う三毛猫とチワワ犬

日没は遅く、20時頃まで薄っすら明るいので夕方から夜にかけては、ゆっくり外でお散歩出来ますね。

夕焼けが綺麗だと次の日は快晴!梅雨明けも近いのでしょうか。

宮古島の夕焼け空

6月中旬梅雨明け!宮古島は夏本番

本土は梅雨真っ只中、一足早く梅雨が明けました。暑いですが、都会のようにモワ〜ンとした蒸し蒸し感はなくカラッとしています。

『砂山ビーチ』にライフジャケットを装着したワンコが飼い主と一緒に泳いでいました。宮古島には美しいビーチが沢山ありますが、特に犬禁止ではないようでマナーをキチンと守れば一緒に遊べます。

宮古島の砂山ビーチの景色

他にも東洋一美しいと有名な『与那覇前浜ビーチ』、シュノーケリングに最適な『新城海岸』や『イムギャーマリンガーデン』もおススメです。ウミガメさんに会えるツアーだと、ほぼ確実に会う事が出来ます。

さすがにシュノーケリングに行く時はマメぞうを一緒に連れて行けないので、宿でお留守番しててもらいました。

宮古島のウミガメ

熱帯魚は肉眼でも見えるくらい水が透き通っています。

宮古島の熱帯魚

宮古島まもる君と一緒に

宮古島の安全を守ってくれている『まもる君』、ドライブしているとあちこちでよく見かけますし、お土産のキャラクターとしても有名です。 宿のすぐそばの交差点に一人いるので、記念にマメぞうと一緒に撮ってもらいました。

宮古島の安全を守るまもる君とチワワ犬

愛犬と一緒に泊まれる宿や観光スポット

宮古島はペットと泊まれる宿やコンドミニアムは探せばあります。しかし夏休みや大型連休、4月の宮古島トライアスロンと6月の宮古島ロックフェスが行われる日の前後は普通の宿でもすぐ満室になってしまうので、早めに予約するかシーズンを外した方が良いです。

今回なかなか希望に合った宿がなく、特にペット可になっていない宿でも片っ端から電話で問い合わせ、公にはペット可ではないけれどオーナーが犬好きで特別に許可して頂く事が出来ました。
マメぞうは無駄吠えはしないしトイレもキチンと出来るし、人懐っこい性格だったからと言うのがあったからかも知れません。

個人で営んでる小さなペンションやゲストハウスなどは、交渉してみると良いかも知れませんね。宿によって長期滞在だと割引きもありますよ。

レンタカーも会社によっては犬OKの所があるので、こちらも旅の予約と一緒にしておいた方が良いです。平坦な道が多く島内も1日で周れるので、少人数なら軽自動車で充分です。
レンタル料も24時間で3000円前後と安く、長期ですと更に割引きもあったりでおススメです。

オープンカフェなら愛犬と一緒に食事を楽しむことが出来ます。宮古島もそうですが、その離島である『来間島』『池間島』はオシャレなカフェも多いのでドライブがてら行きたいですね。

宮古島のパイナガマカフェ

宮古島マンゴーは絶品なので是非食べて頂きたいです。

宮古島のカフェで食べるマンゴー

自然豊かで利便性もとれた島

人間もそうですが、愛犬がもし急なケガや病気になった事を考えると不安になりますよね。宮古島には大きな病院や動物病院も何軒かあるので、もしもの時にも安心です。

また、飲食店や大型のショッピングモールやスーパーなども充実しており、生活に不自由は感じませんでした。ただ、ペット用品専門店のようなお店は見当たりませんでしたので、普段食べさせているフードが特別な物なら多めに持参した方が良いです。一般的なフードやペットシーツなどはスーパーやホームセンターに売っています。

宮古島の青い海

宮古空港からサヨウナラ、また来ます!

愛犬と飛行機に乗って旅行するのは、慣れていないとなかなか難しいかも知れません。マメぞうは仔犬の頃から沢山の乗り物を経験して来たおかげなのか、宮古島へ一緒に行って素敵な思い出を作る事が出来ました。

長く居過ぎたせいか、ここに住んでいるかのような気分になり帰りたくなくなってしまいました。のんびりと流れる島時間の中で美しい海に囲まれて、ずっと暮らせたらいいのになと思ってしまいます。

7月中旬、これからシーズンを迎える宮古島とお別れです。沢山のお土産と思い出をバッグに詰めて、寂しいけれど帰ります。 また絶対来るからね!

カートに乗ったチワワ犬

この記事の執筆者の愛犬
マメぞう

ロングコートチワワ ♂

フォローする

周辺でペット可プランのある宿

スポンサーリンク