パグの特徴・性格・病気・お手入れ!これだけは知っておきたい!

犬種

このページでは鼻ぺちゃでシワシワのお顔がかわいい小型犬パグについて説明しています。

スポンサーリンク

パグ

  • 原産国:中国
  • サイズ:小型犬
  • 標準体重:6kg~8kg
  • JKC登録犬数:4,585(2016年)

パグの特徴

クリクリとした愛らしい瞳を持ち愛嬌ある容姿をしたパグは古代より中国が原産といわれています。

パグの先祖は東南アジアのマスティフが小型化したもの。僧侶のパートナー犬をしていたこともあったそうです。16世紀になって、パグはオランダの東インド会社の商人によってヨーロッパに持ち込まれ、オランダ王室でも愛されました。

ずんぐりむっくりした体形にきゅっと捻じれた巻尾。何より、ひたいの皺とぺちゃんこの鼻がパグの一番の特徴です。このようなパグのような鼻ぺちゃの犬種は“短頭種”と分類されます。

チャーミングなその平べったい顔で、ちょこんと小首をかしげて人間を見上げるしぐさは多くの人をパグの魅力のとりこにしてやみません。

パグの性格

パグの性格は、愉快で遊び好き。自立心も旺盛な性格です。

小さいながらもどっしりとした風貌で威厳を感じさせ、ちょっとやそっとでは動じない抜群の存在感がパグにはあります。パグは頑固な性格の一面も持ち合わせていますが、愛情深く理解力があり、人間の子供とも仲良くでき、良き家族の一員となります。

攻撃的な性格のパグ、というのは滅多になく、その多くが落ち着いていて広い心と茶目っ気を兼ね備え、性格面では安定した犬種と言えるでしょう。理解力にもすぐれた性格で、多頭飼いにも向いています。

パグの毛色の種類

パグの毛色の種類にはシルバー、アプリコット、フォーン(薄茶色)、ブラックがあります。日本ではフォーンが多くみられます。

トレースといわれる頭から尾にかけて背中の中心をとおる黒いライン、耳や頬、口元などの顔周りの黒い色合いとボディの色とのコントラストがくっきりとしています。近年ではブラックも人気の毛色のひとつです。

パグの毛質と手入れ

パグの毛質は針のようにまっすぐな毛が体にピタッと沿うように細かく生えています。パグは短毛のため被毛の手入れは比較的簡単といえますが、換毛期の抜け毛は大量です。パグは比較的皮膚トラブルを起こしやすい犬種でもあります。

ブラッシングは血行を促す効果もありますので、毎日のブラッシングは欠かさないようにして、皮膚の状態をチェックすることを習慣にすると、トラブルがひどくなる前にケアしてあげられます。

また、パグは顔周りの皺になっている部分の手入れを怠ると、汚れが溜まって匂いの原因になったり、炎症を起こしたり、ひどくなると皺の中にカビが生えてしまったりするため、皺の中を常に清潔に保つことが大切です。

皺の中の皮膚はとてもデリケートなので、ゴシゴシとこすらず、柔らかい布や低刺激性のウェットシートでやさしく拭うようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク