シーズー犬の特徴・性格・病気・お手入れ!これだけは知っておきたい!

犬種

鼻ぺちゃにクリクリの大きな目が愛らしい小型犬シーズーについて解説したページです。

スポンサーリンク

シーズー

  • 原産国:中国
  • サイズ:小型犬
  • 標準体重:4kg~7kg
  • JKC登録犬数:9,153(2016年)

シーズーの特徴

シーズーは目から口までが短い「短吻種」に分類され、鼻ぺちゃでくりっとした瞳を持つ何とも言えない顔立ちによって虜になる方も多い犬種です。 体格は体高よりも体長の方が少し長く、しっかりとした四肢を持っており、滑らかでゆったりとした足取りで走り出すと左右に揺れる姿がとても可愛く人気があります。 被毛は上毛と下毛の二層構造になったダブルコートで抜けにくく、毛色も様々な個性のある犬種です。

シーズーの性格

外見から大人しそうな印象をもたれることも多いシーズーですが、実は遊ぶことが大好きで子どものように活発な面をもっています。根本的な性格は穏やかで落ち着いているため人や他の犬とも親しみやすく、相性は大切ですが多頭飼育も可能とされています。

家族に対しとても強い愛情を持ち、子どもとの接し方も上手なためお子さんがいるご家庭でも飼いやすい犬種といえます。

シーズーの毛色の種類

毛色が様々なシーズーですが、一般的なものはゴールド&ホワイト、ブラック&ホワイトの2パターンになります。どちらも日本で流通しているシーズーの毛色ですが、どちらかと言えばゴールド&ホワイトの組み合わせが人気があるようで、街中で見かけるシーズーもほとんどがこのゴールド&ホワイトではないでしょうか?

ゴールドといっても実際はレッド系・オレンジ系・マホガニー系などゴールドと言われる部分の色合い加減でまた種類が分かれます。兄弟でも毛色は変わるので、ペットショップや街中で全く同じ毛色のシーズーはなかなか見かけることがありません。

また、稀にホワイト一色、ブラック一色の「ソリッド」と呼ばれる単色の毛色をもつシーズーもいますが、これはかなり珍しいカラーになります。

シーズーの毛質と手入れ

シーズーは毛が長いため、目・耳・皮膚のトラブルが起きやすいといわれる犬種です。 毎日のブラッシングはもちろんのこと、被毛のお手入れとしては月1回程度トリミングサロンでのカットやケアをするとよいでしょう。また、自宅で使うシャンプーはかかりつけ医と相談したり、低刺激シャンプーなどを使用するなど、十分に気を付けてあげたいポイントです。

稀に可愛らしい瞳が見えないほど毛が伸びきってしまっているシーズーを見かけることがありますが、伸びた毛が病気の原因となってしまうことも。毎日のブラッシングやケアは目・耳・皮膚トラブルの早期発見にもつながります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク