テリア種のプラッキングについて! 必要?不要?

犬の健康・お手入れ

サイズの大小を問わず、エアデールテリア、ワイヤーフォックステリア、ジャックラッセルテリア、ノーフォークテリアなどのテリア種には、プラッキングという、アンダーコートを定期的に抜くケアが必要と言われています。プラッキングとはどんなお手入れで、なぜ必要なのでしょうか?簡単に説明します。

スポンサーリンク

プラッキングについて

プラッキングとはワンちゃんの毛のお手入れの手法ですが、通常のハサミやバリカンを使ってコートをカットしていくトリミングやストリッピングとは、手法が全く違います。

プラッキングには、トリミングナイフというナイフを使い、毛をカットするのではなく、アンダーコートと呼ばれる細い毛を根元から抜いていきます。トリミングナイフにも、アンダーコートを抜くための、アンダーコートナイフとオーバーコートを整えるための、オーバーコートナイフの、2種類があり、これを使い分けます。プラッキングに似たものでレーキングというものもありますが、これは通常のブラッシングでは取り除ききれないアンダーコートを専用のナイフで処理する方法を言い、プラッキングとはニュアンスが違います。

テリア種のプラッキング

テリア種のようなワンちゃん達は従来、狐やウサギ狩りのための猟犬として飼われていた犬種です。テリア種の犬は猟で野原を走りまわる際に、皮膚が傷つかないように、また、雨などもしっかり弾くように、コートが太く固くなっています。

テリア種の犬達は、従来野山を走り周っている際に、木や枝に擦れて、細いアンダーコートが抜けて、どんどん毛が太くなっていくのですが、家庭で、愛玩犬として飼われていてはそうはいきません。

なので、定期的にプラッキングを行うことによって、テリア本来の毛質とスタイルに近づけてあげるのです。

家庭で飼っている限りは、小枝や、野ばらのような自然の障害物から皮膚を守る必要はありませんし、過度な防水機能も必要ありません。では、何故テリア種の犬のプラッキングをするのでしょうか?

プラッキングの効果

プラッキングは、皮膚を強くするという意見も有りますが、はっきりとした根拠は特に無いようです。確かに密集したアンダーコートを抜くと、風通しが良くなり、夏場など、皮膚がむれることがなくなるので、副次的な効果はあるかもしれません。プラッキングにより、毛は太く強くなります。また、抜け毛も圧倒的に少なくなりますので、ブラッシングや掃除が格段に楽になります。

また、テリアなどのワンちゃんは、一度ハサミやバリカンをいれてしまうと、簡単に毛の色が薄くなってしまい、毛質も細いままになってしまいます。一度そうなると、太い毛に戻すのに、かなりの回数のプラッキングと時間が必要になります。ですので、プラッキングは定期的に続けていくことが重要なようです。

プラッキングの技術

プラッキングは、ナイフを軽く皮膚に当て、全身のアンダーコートを丁寧に抜いていく作業なので、熟練が必要とされます。また、場所により トリミングナイフを使わない方が良い部分もあったりと、経験やノウハウも必要とします。

トリミングサロンでもプラッキングスクールを開催しているとこが意外とあるので、ご自身で試したい方は、受講をお勧めします。きっちり基礎から習べば、飼い主さん自身でも行うことが出来ます。

1回のプラッキングで抜いたアンダーコート(2匹分)

1回のプラッキングで抜いたアンダーコート(2匹分)

プラッキングは飼い主さんの判断で

専門のトリマーにお願いする場合は、大体1ヶ月に1回程度の頻度がおすすめで、料金はお店にもよりますが1万〜3万円、所要時間は3〜5時間といったところです。けっして安くはないので、長く続けたい方や、多頭飼いの飼い主さんには、ご自身でプラッキングの技術を身につけるのも良いかもしれません。

プロのトリマーさんがやるようにうまくはできないかもしれませんが、愛犬の体や皮膚を飼い主さん自身がくまなく触り、観察しながらの作業になるので、体調の変化に気づいてあげられたり、密なコミュニケーションが取れたりと副次的なメリットも多いです。ただ、くれぐれも愛犬と飼い主さんの安全には気をつけて行うようにしましょう。やはり最初はスクールなどで基礎的な技術としっかりとした知識を身に着けてから行うことをおすすめします。

とはいえ、ドッグショーに出すのでなければ、プラッキングは必須ではないので、本来のテリアの、ハリと光沢のある毛質とフォルムにこだわりを持って育てたいという飼い主さん以外は、通常のトリミングでも問題はないという意見もあります。この点は色々な意見もあるようですので、プラッキングをするしないはあくまでも飼い主さんの自由なご判断で。

主にテリア種についてお話ししましたが、純粋なテリア以外でも、シュナウザーやワイヤーヘアーのダックスフンドなども、プラッキングに適した犬種とされています。

テリア種のプラッキング まとめ

テリア種のプラッキングについて、いろいろと書きましたが、実際に自分の愛犬にプラッキングをするかしないかは最後は飼い主さん次第です。プラッキングのメリット、デメリットを理解したうえで、ご自分と、ワンちゃんに合った方法でケアを行なって行けば良いかと思います。

スポンサーリンク