愛犬と避暑地のホテル レジーナリゾート蓼科–Casual Style−に泊まり、プチバカンス

中部エリア

日本の気候が亜熱帯気候になってしまったかのような猛暑日続きの夏。このまま灼熱の東京にいたら溶けてしまいそうな気がしたので、涼を求め、愛犬と標高1,200メートルの蓼科の森にあるレジーナリゾート蓼科に行ってきました。

この記事に登場する愛犬

 ノア ♂(ノーフォークテリア)
 ノエル ♂(ノーフォークテリア)

スポンサーリンク

レジーナリゾートグループについて

レジーナリゾート蓼科のロビー

レジーナリゾート蓼科のロビー

今回、宿泊先に決めたレジーナリゾート蓼科は、「愛犬ともっともっと仲良くなれるリゾート」をコンセプトに、日本有数のリゾート地に犬と一緒に滞在できるホテルを運営してるレジーナリゾートグループのホテルです。

愛犬との旅行プランを考えるとき、いつもどこかのレジーナリゾートホテルが宿泊候補先になるくらい気に入っています。

愛犬目線と飼い主目線、どちらも満足する旅ができるからです。いつか、全てのホテルに泊まってみたいと思ってます。

オープンしたてのレジーナリゾート鴨川に、7月に行く予定でしたが、猛暑過ぎてあきらめました。

レジーナリゾート蓼科のドッグランと遊歩道

レジーナリゾート蓼科にほ、手入れの行き届いたドッグランが4種類設置され、それぞれそんなに広くはないのですが、愛犬たちは各ドッグランを満喫していました。

・ホテルエントランスにあるウェルカムドッグラン。全犬種用と小型犬用。

・ロビー突き当たりにある中庭ドッグラン。

・室内ドッグラン。

・自然の地形を活かしたワイルドドッグラン

私たちが訪れた日は、客室は満室だったかと思いますが、1ドッグランに1ファミリーのゆとりある贅沢な遊び方をしていました。

うちのノーフォークテリア・ブラザーズは、なかでもワイルドドッグランが気に入ったようで、ニオイをクンクン嗅ぎなから、跳ねるように飛び回ってました。

ワイルドドッグラン入口

ワイルドドッグラン入口

ワイルドドッグランで遊ぶ愛犬

ワイルドドッグランで遊ぶ愛犬

中庭ドッグランでは、備え付けてあったボールにご執心で、寝転がってずっとガジガジしてたので、あまり走らなかったです。

飼い主はドッグランというと、愛犬が走り回る姿をイメージしますが、どんな風に遊ぶかは、犬の自由ですね。

レジーナリゾート蓼科の中庭ドッグラン

レジーナリゾート蓼科の中庭ドッグラン

敷地内にはホテルの建物を一周する遊歩道があります。一周10分くらいの遊歩道にはウッドチップが敷き詰められ、とても気持ち良い森林浴ができます。どれだけ歩いても、爽やかで涼しいのです。

レジーナリゾート蓼科の遊歩道案内

レジーナリゾート蓼科の遊歩道案内

遊歩道を見つめる愛犬

遊歩道を見つめる愛犬

レジーナリゾート蓼科の食事

愛犬が主役の旅行ですが、飼い主のお楽しみは、なんといっても食事です。夕食の時間は、ホテルのチェックイン時に決めます。

17:30〜、18:00〜、19:00以降の三択でした。17:30の食事は、ワンドリンクサービス付きで、

赤・白のグラスワインorサングリアが選べます。

17:30にするなら、ランチは早めに食べておくことをおすすめします。

夕食のダイニングは、大小サイズの2箇所です。

我が家は、小さい方のダイニングに案内されました。ほかのお客様も、もちろん全員犬連れです。

リードフックは充分な数が備え付けられ、レンタルのペットカートも豊富にあるので、飼い主としては安心です。となり席とも距離があったので、ノンビリお食事ができました。

レストランには、愛犬用の食事の用意もありましたが、うちのワンたちは、外食してお腹をくだした経験があるので、いつものドライフードで我慢してもらいました。

愛犬の食事も、チェックイン時にオーダーできます。近くののテーブルの子の食事をチラ見したのですが、彩りよく手が込んでて、美味しそうでした。

ダイニング

ダイニング

食事は、期待以上に美味しく、満足しました。

とくに野菜の調理の仕方が絶妙で、こんな食べ方あったのかと新しい味を知ることができました。

基本コースは、肉料理が、3種類から選べるプリフィックスで、この日は、牛肉と鶏肉と仔羊。

我が家は、それぞれ牛肉と鶏肉を選びました。

追加料金で、魚料理をブイヤベースに変更、さらにほかの肉料理を選ぶこともできました。

全てのお料理が美味しくてボリュームもちょうどよく、満ち足りた気分で、食事を終えることができました。

愛犬を外食に慣らして、いつかこんな素敵なレストランで一緒に食事がしたいです。

前菜 信州サーモンなど

前菜 信州サーモンなど

魚料理 シマアジ

魚料理 シマアジ

肉料理 鶏肉のコンフィ

肉料理 鶏肉のコンフィ

肉料理 信州牛のリブロースステーキ

肉料理 信州牛のリブロースステーキ

デザート 西瓜のシャーベットなど

デザート 西瓜のシャーベットなど

朝食は、8:00〜10:00(L.O9:30)のビュッフェスタイルです。犬飼いはみなさん朝が早いので、8:00〜8:30は、朝食のラッシュタイムです。順番待ちに長蛇の列ができ、愛犬たちも混雑にパニくるのか、あちこちでワンワン吠えてました。

並ぶ人間が、少しわちゃわちゃしてたので、落ち着かなかったのでしょう。

ほぼ100点のホテルですが、朝食のオペレーションは、ぜひ改善してほしいと思いました。リゾート地の朝食は、優雅にいただきたいものです。

食後はロビーで、フルート演奏

訪れた土曜日は、20:30からロビーでフルート演奏がありました。我が家は、部屋で過ごしてたのですが、お部屋まで澄んだフルートの音色が響き、心地よかったです。翌週の土曜日は、ヴァイオリン演奏の予告がありました。リゾート感が増します。

レジーナリゾート蓼科は、涼しかった!

愛犬と涼を求めて訪れたレジーナリゾート蓼科は、犬にも人間にも快適な避暑地でした。

東京では、早朝時間にとにかく暑くなる前に、急いで散歩してる日々ですが、思い立ったらいつでもお散歩やドッグランにいける蓼科。来年の夏は、時間が許せば連泊してみたいと思いました。

ワイルドドッグランからの見たホテル

ワイルドドッグランからの見たホテル

宿名 レジーナリゾート蓼科
住所 〒391-0213

長野県茅野市豊平チェルトの森柳川5-2-10

電話番号 0266-71-6600
FAX番号 0266-71-6611
アクセス JR茅野駅より車で約30分
(無料送迎あり)
部屋数 23室
チェックイン 15:00 (最終チェックイン:18:00)
チェックアウト 11:00
駐車場の数 23台
アメニティ情報 石鹸、ボディーソープ、洗顔ソープ、
シャンプー、リンス、コンディショナー、
歯磨きセット、カミソリ、
シャワーキャップ、タオル、館内着、
ブラシ、ドライヤー、お茶セット
施設内設備 レストラン、バーラウンジ、
売店、大浴場、
室内設備 テレビ,冷凍冷蔵庫、空気清浄機付き加湿器、
電子レンジ、ポット、洗浄機付きトイレ、
ブルーレイ、DVD、インターネット無線LAN、
金庫
クレジットカード VISA、マスター、アメックス、ダイナース、
JCB、DC、UC、NICOS、UFJ Card、OMC、
楽天カード
利用可能な犬種 すべての犬種
犬宿泊料金 小型犬・中型犬は2頭まで無料
(3頭目以降は1頭あたり2,000円)

大型犬は1頭2000円

犬用ご飯の有無 有り
ペット同伴
可能エリア
館内すべてペット同伴可
ペット用設備 ドッグラン、ペット預かり所
ペット用
アメニティ情報
クレート、マットレス、ワンちゃん用トイレ、
お散歩用バッグ、愛犬用食器、エチケット袋、
トイレシーツ、消臭除菌防虫スプレー、
粘着ローラー、おやつ、足ふきタオル、
愛犬用バスタオル等
地図
この記事の執筆者の愛犬
ノア&ノエル

ノーフォークテリア ♂

フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク