ゴールデンレトリーバーとの暮らし!性格や食事、運動量、鳴き声はどう?病気の心配は?|ライ編

犬種の紹介

ゴールデンレトリーバーは大きなボディに人懐こく優しい表情、美しい被毛を持つ人気の大型犬です。

今回は、犬図鑑や飼い方本だけではわからない、実際のゴールデンレトリーバーの性格や食事、運動、毛の手入れ、鳴き声、ケガや病気などについて、ゴールデンレトリーバーと暮らしている方のリアルなエピソードをご紹介します。

ゴールデンレトリバーに興味のある方、ゴールデンレトリバーをお家に迎えてみたいなと考えていらっしゃる方は是非参考にしてください。

スポンサーリンク

ゴールデンレトリーバー”ライ”のプロフィール

 ライ(ゴールデンレトリーバー)

  • 性別:男の子
  • 生年月日:2013年9月
  • 避妊・去勢手術:受けた
  • 体重:31kg
  • 入手方法:ブリーダー
嬉しそうな顔のゴールデンレトリーバー

ライ(ゴールデンレトリーバー)

ライ(ゴールデンレトリーバー)の性格

ゴールデンレトリーバーは頭がよく、穏やかな性格です。ライも穏やかで、大人、子供はもちろん、他のワンちゃんとも仲良くできます。誰にでも撫でてもらうのが大好きで、地球上のすべての生物は友達だと思っているんじゃないかと思うくらいです。

初対面の人には警戒して吠えてしまいますが、すぐに仲良くなれます。ただ、少々臆病なところがあり、吠えるワンちゃん、自分より大きな動物、動物病院、トリミングサロンは苦手です。ただ、ワンちゃんが嫌いな人にも近寄って行ってしまうので、注意が必要です。

ライ(ゴールデンレトリーバー)の食事

何でもよく食べます。ドライのドッグフード200グラムと手作りごはん50グラムぐらい、合計250グラムを、1日2回(朝と晩)食べています。手作りごはんはささみや煮干しと野菜をきざんで茹でたものをあげています。食事はあっという間に完食します。見ていて気持ちがいいです。

おやつも基本的になんでも食べますが、ささみ、チーズ、サツマイモなどが好きです。人が食べる食事も「隙あれば、・・・」と狙っているので、食事中はゲージに入れています。

愛犬の運動量

散歩中に飼い主を見上げるゴールデンレトリーバー

ライ(ゴールデンレトリーバー)

一日の運動量ですが、うちの場合、1日2~3回、40~60分くらい散歩しています。散歩中はあまり引っ張りはなく、私の隣を歩くことができます。が、初めて我が家に来たときは、全く散歩したことがない状態でしたので、グイグイ引いて、お散歩している他のワンちゃんや飼い主さんに迷惑を掛けていました。ブリーダーさんのしつけ教室に3回くらい通い、やっと散歩も落ち着いてできるようになりました。

どんなワンちゃんでもそうだと思いますが、特に大型犬は飼い主とのコミュニケーションがうまく取れないと、周りに迷惑を掛けることになってしまいます。自分で手に負えなくなってきたと感じたときは、迷わず、プロの方の指導や助言を頂くとよいと思います。指導を受けることは、飼い主さんのためでもありますが、ワンちゃんが社会で可愛がられ、大切にされるためには必要なことだと思います。

その他の運動としては、ドッグランには月に1回くらいは行っています。大体のワンちゃんと挨拶もでき、遊べます。けんかすることはないです。時々、気になるワンちゃんにしつこくし過ぎて怒られますが、めげません。

ゴールデンレトリーバーはもともと、水鳥猟でハンターが撃ち落とした獲物を回収する役割を担っていたワンちゃんでしたので、ドッグランでもボール遊びが好きで投げたボールを持ってきます。ですが、ライはすぐ飽きます。

ライ(ゴールデンレトリーバー)の鳴き声・吠え声

ゴールデンレトリーバーは大型犬ですので、低く大きな声で吠えます。
挨拶をしたことがないワンちゃんが通ったり、家族が初対面の人を連れてきたりすると吠えます。いつまでも吠えていることはないですが、あまりにもしつこい時は「No!!」と言えばやめます。

仲良しのワンちゃんが通ると「クーン、クーン」と鼻をならして泣きます。きっと「遊びたいよ。」と言っているのだと思います。

ライ(ゴールデンレトリーバー)のフレンドリー度

家族とはだれとでも仲良くできます。子どもと一緒に昼寝をしています。でも、やっぱりご飯をくれる人が大好きなようです。家族以外の人には最初は吠えますが、何度か会ううちに尻尾を振って嬉しそうにするようになります。

他のワンちゃんともすぐ仲良くなれます。他のワンちゃんに会うと、うれしすぎてはしゃいでしまい、怒られることもあります。大型犬を落ち着かせるのは大変ですが、これも訓練と思い、落ち着いて挨拶できるように練習中です。

フレンドリー度はかなり高めです。フレンドリー過ぎて、知らない猫ちゃんに近寄っていってしまったことがあり、猫パンチをくらいました。それ以降は、知らない猫ちゃんは避けて通るようになりました。

ライ(ゴールデンレトリーバー)の毛の手入れ

ゴールデンレトリーバーには白や薄茶、ゴールドの毛がいます。ライの毛はきれいなゴールドの毛で、晴れた日は太陽の光を反射してキラッキラッと輝きます。そして誰からも「素敵ね~。」と褒められます。でも、抜け毛はとても多く一年中ぬけているので、掃除、ブラッシングは1日1回はやるように心掛けています。

臭いなど気になったときは家のお風呂でシャンプーします。水は大好きなのでシャンプーは問題なくやらせてくれます。ドライヤーが嫌いで、逃げ回るので家中びしょびしょになります。最近は吸水性の高いタオルを巻いて寝ていてもらうようにしています。

ゴールデンレトリーバーはイギリス原産の犬で、寒さに耐えられるように、毛はトップコートとアンダーコートの2層になっています。やわらかい毛で毛玉になってしまうことがよくあります。ライはおなかに毛玉ができやすく、自分で対応できなくなってしまった時にはトリミングに行っています。トリミングは嫌いで、サロンの駐車場に着くと、「降りたくない!!」とアピールします。ですが、自分で家のお風呂でシャンプーするより格段にきれいになるので、力ずくで連れていきます。

ライ(ゴールデンレトリーバー)のケガ・病気・事故

ゴールデンレトリーバーはたれ耳です。夏など蒸れる時期は、中耳炎や外耳炎になってしまうことが多いです。耳掃除を気を付けてやっていても、繰り返すことが多く、通院しました。

我が家のかかりつけの動物病院では、耳掃除をして頂き、点耳薬と飲み薬を処方して頂いています。大型犬は力が強く、耳掃除も嫌いになってしまうと一苦労です。ライも、何度も中耳炎を繰り返しているので、耳掃除は大嫌いで、私一人では押さえつけて耳掃除ができないので、家族の帰宅を待って耳掃除をしています。

また、大型犬で特に気を付けなければいけないことは、太りすぎと、腰、足の衰えです。 ライも、ベスト体重より増えてしまったことがあり、ダイエットをしました。太りすぎたり、適正な運動をしなかったりすると、足や腰が悪くなり歩けなくなるワンちゃんも少なくないそうです。大型犬は歩けなくなると通院なども大変になるので、散歩、食事には気を付けています。

愛犬とのエピソード

我が家で犬を飼うのはライが初めてでした。犬を飼うことを決めた頃は、大型犬ブームも下火になり、ペットショップには小型犬ばかりの頃でしたが、ブリーダーでゴールデンレトリーバーを選びました。

選んだ理由は、ブリーダーさんの所で見たゴールデンレトリーバーの成犬に惚れてしまったことでした。美しいのに愛嬌のあるゴールデンレトリーバー、ぜひ、我が家に迎えたいと思いました。ライはブリーダーさんの所で生後6ヶ月まで生活したワンちゃんでした。

飼い主候補が現れなかったようで、1頭だけ大きな子犬でした。子どもたちは、子犬なのに大きいゴールデンレトリーバーに戸惑っていましたが、穏やかなワンちゃんで、すぐに仲良くなれました。

ライをドッグプールに連れて行ったこともありました。が、泳げませんでした。ブリーダーさんの水泳教室にも通い、ドッグプールでブリーダーさんにお腹を持っていただき、泳ぎの練習をしました。臆病なライには大きなプールが怖く感じたようで、プールにはいるまでに時間がかかりました。でも、プールに入ってしまえば、あっという間に泳げるようになりました。

迷いネコ(子猫)をライが見つけ、家族で保護したことがあります。

猫と寄り添って寝るゴールデンレトリーバー

ライ(ゴールデンレトリーバー)

子猫を保護するのは初めてで、家族みんなでインターネットを頼りにがんばりました。ライは、子猫の体をきれいに舐め、下の世話までやってくれ、猫ちゃんが見えなくなると「クーン、クーン」と鳴いて、探していました。猫ちゃんも安心してスクスクと育ちました。今では、仲良く同居しています。

大型犬は小型犬よりも早く年をとります。ライも顔の白髪が増えてきて、「おじいちゃんになっているのかなぁ・・・」と思うことも多くなりました。大変なこともありますが、ライとの生活は楽しいことの方が多いです。いつまでも愛嬌たっぷりで健康でいてほしいと思います。

スポンサーリンク