飼い主に聞くゴールデンレトリバーとの暮らし!特徴や性格、毎日のお手入れは?|フローリスト・ビビ編

犬種の紹介

今回は人気の大型犬ゴールデンレトリバーの性格や食事、ケガや病気のことなどについて、実際にゴールデンレトリバーと暮らしている方のリアルな声ご紹介します。これからゴールデンレトリバーを飼ってみたいと考えていらっしゃる方や、他のワンちゃんの暮らしぶりを知りたい方は是非にしてください。

スポンサーリンク

ゴールデンレトリバー”フローリスト・ビビ”のプロフィール

 フローリスト・ビビ(ゴールデンレトリバー)

  • 性別:男の子
  • 生年月日:2007年3月
  • 避妊・去勢手術:受けていない
  • 体重:40kg
  • 入手方法:ペットショップ

ゴールデンレトリバー”フローリスト・ビビ”の性格

我が家の愛犬ゴールデンレトリバーの”フローリスト・ビビ”はとてもとても穏やかで、優しくおっとりした男の子でした。子犬の時から、少しボーっとしすぎているかなと思うほどにおとなしかったです。臆病なところもあり、何か知らない音がしたりすると、必ず私の方を見て確認していました。

ただその反面、頑固なところがあり大型犬の重さも相まって、まさに梃子でも動かないという状態になることもありました。
暴れて抵抗するなどということは全く無かったのですが、じーっと静かに根競べ、なかなか手ごわい相手でした。

優しい頑固者、ゴールデンレトリバーの性格としては特徴的かもしれません。

フローリスト・ビビ(ゴールデンレトリバー)の食事

1日2回朝晩に、ドライフードを食べていました。量的には40kgのゴールデンレトリバーの食事の標準量からおやつの分を差し引いた量です。一番長く食べていたドライフードだと1日約400gというところです。がつがつ食べるタイプではなかったのですが、毎回きれいに平らげていました。

好きなおやつは、サツマイモのささみ巻でしたが、鶏肉のアレルギーが発覚してからは、鹿肉・馬肉などのジャーキーを食べていました。

リンゴとバナナも大好きで私と仲良く、はんぶんこ。
みかんとイチゴはなぜか口に入れては出しの繰り返しで、ぐちゃぐちゃにしておしまい、嫌いだったのでしょうか。

気を付けていたのは、おやつの分のカロリーを食事から減らさないと巨大化してしまうこと。一時は45kgという体重になってしまい、その後のダイエットは心を鬼にしなくてはならなかったのはつらかったです。

フローリスト・ビビ(ゴールデンレトリバー)の運動量

我が家のゴールデンレトリバーは子犬のころは、散歩に出ていたのですが、軽度の股関節形成不全があり、無理に歩かせない方が良いとのアドバイスを主治医からもらい、それ以降は庭で放牧です。

大型犬が庭をうろうろ、好きな時に走り回り、好きな速度で好きなだけという感じでまさに放牧中、おかげで庭にはけもの道ができ、その部分は雑草が全く生えないほど踏み固められていました。

近所のお友達のわんこと一緒に、庭をぐるぐる、疲れると一緒に休憩。別のわんこが来ると、一緒にお迎えに行き、のどが渇くと一緒にお水を飲む、そんな微笑ましい時間がとても楽しかったです。

運動量としては大型犬のゴールデンレトリバーとしては少し足りなかったと思っているのですが、この子は散歩好きではなかったのです。道の真ん中で寝そべってしまい動かないことが頻繁にありました。

フローリスト・ビビ(ゴールデンレトリバー)の鳴き声・吠え声

我が家のゴールデンレトリバーはほとんど吠えるということはなかったので、重低音の「うぉん!」と突然吠えられるといつもびっくりしてしまいました。

めったに吠えなかったのですが、その代わりに「ぴよぴよ」とまるで雛のように鳴いていました。甘えたいとき、トイレに行きたいときなど私を呼ぶのはいつも「ぴよぴよ」、家に入りたいときも庭から「ぴよぴよ」と呼びつけられていました。

友人に雛がいるのかと本気で思われたことも、正体は40kgもあるおじさんの大型犬なのに。

フローリスト・ビビ(ゴールデンレトリバー)のフレンドリー度

いつも笑った顔で家族のだれとでも仲良し、人が大好き。
家族の一員の猫ともとても仲良しでいつも一緒。

ゴールデンレトリーバーと猫

フローリスト・ビビ(ゴールデンレトリバー)

来客に対しても尻尾がちぎれそうなくらいの大歓迎、おかげで我が家のゴールデンレトリバーは近所の人気者でした。 子供にも大人気で、けっして怒ったりしないで笑っているのです。

フローリスト・ビビ(ゴールデンレトリバー)

フローリスト・ビビ(ゴールデンレトリバー)

あまりにもフレンドリーなので、番犬にはなりませんねと、巡回のおまわりさんに言われてしまいました。

宅配便の方たち、ご近所の方々にもいつも笑い顔で尻尾を振って、皆さんにとても可愛がっていただき、この子のおかげで親しくお話をさせていただくようになった方がとても増えました。

放牧タイムには門でお友達を待ち伏せ。

フローリスト・ビビ(ゴールデンレトリバー)

フローリスト・ビビ(ゴールデンレトリバー)

子供から大人までたくさんのお友達ができました。

フローリスト・ビビ(ゴールデンレトリバー)の毛の手入れ

ゴールデンレトリバーは長毛種の部類に入るので、大量の抜け毛に襲われます。

日ごろの手入れはブラッシングをお互いが気の向いたときにする程度で大丈夫でしたが、換毛期と、尻尾の地面側と、耳の下の部分の毛玉さえ気を付ければ容姿的にはきれいに保てます。

特別なカットも必要なし。

足の裏毛(肉球の間の毛)は、伸びすぎると滑ってけがをするので、様子を見て切っていました。

シャンプーはアレルギー性皮膚炎の状態により、多い時で1週間に1回、通常は2週間に1回程度。

洗う時より乾かす時の方が大変です。
なすがままの状態でいてくれるのですが、冬毛の毛量の多い時は被毛の根元までなかなか乾かず、乾いてくると抜け毛が大量に宙を舞います。

西部劇の荒野で枯草の塊が転がるかのような光景が、ドライヤーの風のもと我が家の床で見られました。

準備して、洗って、乾かして、後片付けまで3時間以上かかり、まさに大仕事です。 トリミングサロンにお願いすればいいのでしょうが、自分の手でしてあげたかったので仕方がないですが。

フローリスト・ビビ(ゴールデンレトリバー)のケガ・病気・事故

我が家のゴールデンレトリバーは大きなケガはありませんでしたが、1歳から2歳の頃に時々軽い捻挫をしていました。おとなしくしていれば通常は2~3日で治ります。

足の裏毛を切ったり、庭の放牧地の地面を滑りにくいように整備したりして気を付けていました。

晩年、捻挫が復活したとき、筋力の衰えを実感し、これからまた気を付けなければと思っていました。

病気はアレルギー性の皮膚炎があり、耳もよく炎症を起こしました。 皮膚炎は、状態の良い時と悪い時を繰り返し、そのたびに一喜一憂。

6歳の頃とても状態が悪く、抜け毛がひどくなってしまいました。私は薄着になったと言い張っていましたが、尻尾もしょんぼりした状態になり一回り小さくなったような印象でした。

また、掻き壊して出血してしまったためエリザベスカラーを付ける羽目に。

フローリスト・ビビ(ゴールデンレトリバー)

フローリスト・ビビ(ゴールデンレトリバー)

あまりに大きいので周囲にぶつかって大変だったので、幅を少し小さく切ってしまいました。

その他は幸運にも大きな病気はありませんでした。

あと1ヶ月で10歳になるという時に発覚した病気は、後ろ足にできた腫瘍。
でもそのころに目には見えないとこで別の腫瘍が育っていたようです。
心臓にできた血管腫です。今思えば兆候はあったのですが、気が付きたくなかったのです、大好きすぎて。

病気によるものなのか、老化のためなのかわからない程の、本当に些細な変化です。
息が少し荒い時があった、寝ている時間が増えたなど、すべて今思えばですが。

フローリスト・ビビ(ゴールデンレトリバー)

フローリスト・ビビ(ゴールデンレトリバー)

フローリスト・ビビ(ゴールデンレトリバー)とのエピソード

生後4か月の時にゴールデンレトリバー”フローリスト・ビビ”が彼は我が家の一員になりました。それから10年、素敵な事、素敵な時間、いろいろなことを運んできてくれました。

フローリスト・ビビ(ゴールデンレトリバー)

フローリスト・ビビ(ゴールデンレトリバー)

仕事に追われ空を見上げることを忘れていたとき、夜のトイレタイムに庭に行くと星空がきれいでした。それから夜はいつも天体観察。流星群も一緒に見上げました。

桜の季節は一緒にドライブがてらのお花見。
わかっているかのように、桜を眺めていました。
毎年毎年桜の季節が楽しみで、このままいつまでも一緒にお花見をしたいと、心から願っていました。

庭に咲く花で唯一彼がお気に入りだったのがこの花、ノウゼンカズラ。甘い蜜がたくさん出るのです。
この花が咲く時期は、おやつを自分で収穫して食べていました。

フローリスト・ビビ(ゴールデンレトリバー)

フローリスト・ビビ(ゴールデンレトリバー)

ちゃんとおいしいのを見分けて、私がとってあげたものではなく自分で収穫。何が違うのかよくわかりませんでした。

ある年の冬、このあたりではめったに雪が積もることはないのですが、珍しくあたり一面白く雪が積もりました。
いつものように一緒に外に出ると様子が変です。
いつもなら全身で喜びを表現しているのに、みるみる尻尾が下がっていき何やら小さな声で、「うぅーっ」と言っているのです。真っ白な世界が初めてで理解できなかったようです。

「大丈夫、雪だよ。」と声をかけ、待ち伏せの門まで行きましたが、道路も真っ白。
限界だったらしく、家に帰ろうといわれてしまいました。犬は喜び庭かけまわる・・を想像していたので、あまりのことに写真を撮ることも忘れ、家族で爆笑。それ以降も雪は好きじゃないみたいでした。

豪雨の日、「すごい雨だね~、ウォータースクリーンみたいだね~」なんて話しながら、雨のかからないところで一緒に眺めていたのもいい思い出です。

どんな季節もどんな時も一緒だった10年間、最後の時が来てしまいました。 心の準備ができていなかったので、衝撃の大きさは想像を超えていました。

今はまだ、たくさんの思い出が悲しさとつながっていてしまい苦しいのですが、虹の橋でまた会う時のために、今があるのですね。

スポンサーリンク