ミックス犬「マルックス」の性格、病気、特徴、お手入れの方法は?

犬種

以前は「雑種」と呼ばれていた犬が、今ではかわいいミックス犬として人気です。欧米ではデザイナーズ・ドッグなどと呼ばれ、希少性の高い犬としてブランド化している犬種もあるとか。

現在のミックス犬は、純血犬種の特徴や容姿のかわいらしさを組み合わせ、“いいとこどり”を狙ったワンちゃんが多く出回っているようです。

今回はそんな話題のミックス犬の中でも、ヌイグルミのような容姿がキュートな「マルックス」についてご紹介します。

スポンサーリンク

マルックスの特徴

マルチーズとミニチュア・ダックスフンドを親犬種に持つマルックス。どちらの親犬種の小型犬の中では根強いファンを持つ人気の犬種です。

その両方の親犬種のかわいさや性格的な魅力をしっかりと受け継ぐマルックスも、親犬種同様の魅力にあふれています。

マルックスのサイズとしては、体高25cm前後、体重4kg前後になるのが平均で、どちらの親犬種の容姿的な特徴が濃く現れるかによって、ミニチュア・ダックスフンドよりの胴長の体型になったり、マルチーズよりの華奢な体格になったりします。

一般的には、「胴長でずんぐりとしたマルチーズ」という、ヌイグルミのような印象のマルックスが多いようですね。

マルチーズのような丸くクリクリした瞳になるか、ダックスのようなアーモンド形の潤んだ瞳になるかも、その子の個性によって変わってくるため、顔つきや体型に関しては、世界で一頭だけの、いろいろなタイプのマルックスがいると思っていてよいでしょう。

毛質に関しては、マルチーズの特徴が多く出ることが多く、柔らかく光沢のあるシルキーコートで、少しウェーブがかったクセッ毛になることもあります。

マルックスの被毛の色は、ホワイト、ブラック、ブラウン、レッド、クリームなどがあります。

マルックスの性格

マルックスは、親犬種であるマルチーズの大胆で甘え上手な性格と、ミニチュア・ダックスフンドのフレンドリーで情熱的な性格とが相まって、穏やかでのんびりとした甘えん坊な性格になるマルックスが多いようです。

その一方で、マルックスは好奇心旺盛で遊び好き。部屋の中では飼い主さんに甘えてまったり過ごしていても、外に出ると穴堀りをしたりアクティブに走り回ったりする活発な一面も。

また、マルックスは誰に対してもフレンドリーに振舞えるため、小さなお子さんやお年寄りのいる家庭でも、飼いやすいでしょう。犬同士でも仲良くできるため、多頭飼いもしやすいです。

一般的にマルックスは、落ち着きあるイイ子に育つ傾向にありますが、どちらの親犬種に共通する、警戒心が強くて頑固な一面もあるため、子犬のうちに社会化をしっかり行っておくことが大切です。

親犬種の性格からしても、どちらも警戒吠えや要求吠えが多くなる気質のため、吠え癖をつけさせないようにしつけを徹底しておきましょう。

マルックスはどちらかというと、一度癖になったことを修正するのは難しいタイプです。家庭の中で一貫したルールをきちんと決めて、良いことと悪いことの区別をしっかりつけてあげましょう。

賢くしつけはしやすいですが、頑固さゆえに辛抱強く教えてあげる根気も必要です。

マルックスのお手入れ

マルックスは、親犬種のうちマルチーズの毛質の傾向が強く現れることが多いため、被毛のお手入れは比較的楽です。

しかし、マルックスは抜け毛は少ない一方で被毛は伸びやすく、柔らかく細い毛質から毛玉にもなりやすいため、定期的なブラッシングや足回りのグルーミングなどのお手入れは怠らないようにしましょう。

マルックスは散歩のときなどに落ち葉や地面の汚れを拾いやすいので、足周りのお手入れは欠かせません。

また、耳が垂れていると蒸れやすくなりますので、耳のケアも忘れずに。

気を付けたいマルックスの病気

マルックスは、親犬種であるミニチュア・ダックスフンドの体型も受け継いでいることから、椎間板ヘルニアや腰痛に悩まされることの無いように、普段から気を付けてあげましょう。

段差のない部屋や滑りにくい床など、腰に負担のかからない住環境を整えたり、太り過ぎないように食生活に配慮することで、ある程度は予防することができます。

また、マルックスは抱っこするときの抱き方によっても腰に負担がかかる場合があるため、腰周りが弱そうだなと思ったら抱き方などにも工夫をしてあげるとよいでしょう。

その他、心臓の病気や目の病気などは、比較的マルックスの親犬種であるマルチーズ、ミニチュア・ダックスフンドがかかりやすい傾向にあります。

ミックス犬は一般的に病気にかかりにくいと言われているため、過剰に心配することはありませんが、親犬種の病歴などを確認しておき、注意点を気に留めておくと早期発見、予防などにつながります。

いつでもどこでも一緒♪ のベストパートナー

マルックスは、愛玩犬の元祖とも言われるマルチーズを親犬種に持ち、甘えん坊で、いつでも飼い主さんと一緒に過ごすことが大好きなワンちゃんです。

一方で、ダックス譲りのアクティブな一面も持ち合わせているため、マルックスはドッグカフェやドッグランはもちろん、旅行などの遠出も大好きになってくれるでしょう。

飼い主さんと一緒に過ごすことにたくさんの幸せを感じてくれるマルックス。きっと愛犬から受け取る癒しのパワーも大きなものに違いありませんね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク