愛犬と一緒に蓼科を拠点に長野お城巡りの旅/上田城跡、松本城、車山

犬とお出かけ

NHKの大河ドラマの影響で、人気の観光地としてブレイクした上田城跡と城下町、少し足を伸ばして、お城の中でも人気が高い松本城などを巡る旅をしてきました。

大河ドラマが放送されてから少し間を開けた平日に訪ねたため、それ程混んでいなくてゆっくりと見学することができました。

この記事に登場する愛犬

 蕾(キャバリア×ビーグルのmix犬。女の子)

スポンサーリンク

初日は雨

本来なら家の愛犬は晴れ娘と言われていて、天気予報で雨と予報されていても出掛けるときには止んでいたり、車から降りるときにはいつも降っていないというジンクスがありました。最近は愛犬のパワーも年齢と共に弱ってきたのか、時々雨に当たってしまいます。

やっぱり愛犬を伴って出掛けるときは、レインコートを着せたり脱がせたり、足を拭いたりと手間がかかるので、できたら曇りでも良いから雨の日は避けたいですよね。

だけどホテルの予約を入れている場合はそうもいきません。
出掛ける日の朝から雨が降っていたので、ゆっくり家を出て途中パーキングエリアでの散歩や買い物などをしながらホテルに向かいました。

幸い途中で雨は止んでくれたので休憩もスムーズにできて、山梨にあるビジエ専門店で鹿肉を2k購入。愛犬用のごはんを作ります。鹿肉は冷凍されていたので移動中はクーラーボックスに入れておき、ホテルでは預かって頂きました。

ソファに寝そべっている犬

上田城跡までの道のり

ホテルは蓼科にある会員制のホテルを利用し、そこを拠点にするため上田城跡から松本城を経てぐるりと一回りした感じになります。
蓼科から北上し上田城跡まで休憩を挟みながら行くと1時間半近くかかります。

愛犬は大病してから久しぶりのお出かけになるため、無理せずゆっくりと廻ってきました。ホテルを出発して少し走った峠の展望台で休憩したとき、とてもきれいな雲海を見ることができました。旅行に行ったのは2017年5月半ばですが、蓼科は標高が高いので朝晩は冷え込みます。そのためこのような雲海が臨めるんですね。

峠の展望台で休憩している犬

マルメロの駅ながとで休憩。
ここまで一時間ほど走ってきたので、愛犬の散歩がてらお土産を見て回ったりして休憩を挟みました。

私が子供の頃に走っていた記憶がかすかに残っている三輪車が展示してあり、とても懐かしく珍しいので愛犬と一緒に記念撮影。

三輪車の隣に座っている犬

上田城跡と城下町巡り

昨年までは大河ドラマの影響でとても賑わいを見せていた上田城跡。

今でも多くの観光客が訪れていて、駐車場もほぼ満杯状態でした。去年来ていたら近くの駐車場にはきっと車を停められなかったかもしれませんね。
上田城跡に入るとすぐに顔出しパネルがありました。いつもの事ながら顔出しパネルで真田幸村になりすました愛犬。中々凜々しく撮れたと思いませんか?

上田城は1583年、真田幸村の父、昌幸によって築城され徳川軍勢を2度にわたって撃退したとされるお城です。東虎口櫓門の横にはあの有名な真田石がありその大きさは目を引きます。他にも真田井戸や隅おとしなど見所も充実しており、わんちゃんも一緒に見学できますが、建物の中には入ることができません。

上田城跡の近くには昔ながらの通りも少し残されているとのことで、少し散策することにしたのですが、気温も上昇してきたため愛犬はリュックイン。

上田城跡の顔出しパネルから顔を出している犬
上田城跡の芝の上に座っている犬
サングラスをしてリュックに入った犬

松本城散策

松本城は長野県の中では一番有名で、一番人気のある美しいお城ではないでしょうか。

松本城は、安土桃山時代末期から江戸時代にかけて築城されたと言われており、国宝に指定されている日本の代表的なお城のひとつ。

黒塗りと白い壁が印象的で、お堀に浮かぶ姿と背景にアルプスをまとうコントラストが絶景です。天守のあるお堀の内側は有料エリアになっていて、わんちゃんは入ることができませんが、お堀の外からでもその雄大さは十分に味わうことができ、お堀の周りはずっと散策することができます。

また、松本城の前はずっと商店街になっていてお土産屋さんや休み処などたくさんのお店が軒を連ねていますので、歩いているだけでも楽しいです。
この道沿いには、日本百名水に選ばれた水場があり喉を潤すこともできますので、是非味わってみてください。我が家の愛犬にも飲ませてあげました。美味しかったのかゴクゴク飲んでいましたよ。

松本城の観光客も多く、特に海外からの観光客が大勢訪れていました。

国宝松本城とお堀と犬

最終日は蓼科御泉水自然園

最終日、ホテルから蓼科御泉水自然園に向かうため敷地を出たすぐの所で、たくさんの鹿の群れに遭遇しました。20頭以上いたでしょうか。朝食のために現れたようです。脅かさないように少し離れた場所から写真に納めました。

最終日もお天気は怪しいです。昨日はあんなに良い天気だったのに今日は寒いくらい。
蓼科御泉水自然園には天気も悪かったためか誰も観光に来ていませんでした。

こちらには愛犬がまだ3ヶ月くらいの時に一度来たことがあります。
ゴンドラに乗って山頂駅に向かっている間に大粒の雨が降り出してきて、これだと散策は無理かなと思いながら山頂駅に到着。
山頂駅で傘を貸してくれ、外に出たときは雨が止んでいたのですが一応持って歩くことにしました。

山頂駅を降りたところが蓼科御泉水自然園になっていて、蓼科山の中腹に位置し長野県が明治100年記念に作られた自然園になっています。園内には300種類の高山植物を見ることができ、多くの野鳥も観察できます。散策路もたくさんあるので愛犬を連れてのお散歩には最適。

この日は5月半ばといえども標高1830mあるため、しっかり上着を着ていないと寒いですが、夏なら最高の散歩コースになると思います。
高山植物は6月下旬くらいにならないと咲き出さないのですが、その代わり山桜とウグイスが出迎えてくれました。
幸いにも散策している間は雨に降られることなく楽しめ、帰りのゴンドラではまた大粒の雨。ゴンドラの窓の下には残雪が見えました。

蓼科御泉水自然園に向かうゴンドラに乗る犬
蓼科御泉水自然園を散策中の犬
蓼科御泉水自然園を散策中の犬

最後は車山を散策

高速道路の渋滞を避けるため、最後に立ち寄ったのは車山。

いつもならリフトに乗って散策するのですが、この日はもう夕暮れになっていたので、景色の良いところまで歩いてきました。

車山特有の風が強くて、愛犬の耳もなびいています。山歩きが大好きな愛犬は「もっと歩く」とズンズン登っていきましたが、夕方になって寒くなってきたので20分ほど歩いたところで引き返しました。

車山~霧ヶ峰は夏になると良く散策に来る場所なので、愛犬も覚えているようで嬉しそうに歩いていたけどまた今度ゆっくり来ようね。

二泊三日で長野県のお城を巡る旅行を満喫した我が家。私は歴史に疎いのですが、実際に歩いて見て回ると楽しく、少しだけ勉強にもなりました。

5月は天気や場所によって暑かったり肌寒かったりと荷物も増えますが、愛犬と一緒に散策するには過ごしやすい気候ですね。

まだ愛犬の体調も万全ではなかったので、ゆっくりと廻ってリュックを利用して無理させないように工夫しました。

この記事の執筆者の愛犬
蕾

キャバリア×ビーグルのミックス犬 ♀

フォローする

周辺でペット可プランのある宿

スポンサーリンク